大エルミタージュ美術館展 オールドマスター西洋絵画の巨匠たち

2017/3/18(土)〜6/18(日)休館日5/15(月)

森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52階 〒106-6150 東京都港区六本木5-10-1

コラム「エルミタージュ浪漫」

〈第2回〉街の歴史を見守った「ウサギ島」

 サンクトペテルブルクで、もっとも古い場所が、ネヴァ川に浮かぶペトロパヴロフスク要塞だ。エルミタージュ美術館を背にして、ネヴァ川を望むと、やや右手に黄金色に輝く尖塔が見える。その一角が要塞である。

サンクトペテルブルクのメインストリート、ネフスキー大通りペトロパヴロフスキー大聖堂。塔の高さは約123m

 ピョートル大帝は、当時、隣国であったスウェーデンに対抗するために、この要塞を築いた。街の歴史はここから始まる。

 要塞のある場所は実際には中洲で、その名を「ザーヤチ島」という。ロシア語で「ウサギ島」の意味。可愛い名前はピョートル大帝がこの島で最初に見かけた動物がウサギだったから、とも、島にウサギが多かったから、とも言われる。

 ウサギ島に行くには、人も車も聖ヨハネ橋という小さな木製の橋を渡らねばならない。大きなバスが通るときは、ぎしぎしと橋がきしみ、少し心細くなる。

 要塞と呼ばれているものの、その目的で使われた期間はほとんどなかった。堅牢な建物は、すぐに政治犯の収容所に転用される。最初に投獄されたのは、ピョートル大帝の長男アレクセイ。父親と違って保守的な考えの持ち主で、やがて国家への反逆罪を疑われた。19世紀以降は、文豪のドストエフスキーやロシア革命を指導したレーニンも、ここに収容された。

 島の中心にあるのが、ペトロパヴロフスキー大聖堂。遠くから見える黄金の尖塔の正体がここで、地下にはピョートル大帝をはじめ、ロシアの歴代の皇帝が眠っている。

ペトロパヴロフスキー大聖堂の荘厳な祭壇ペトロパヴロフスキー大聖堂の荘厳な祭壇

 ウサギの像も、島のそこかしこにある。最も新しいウサギ像は、2015年の作。5匹のウサギが、助け合いながら岸を這い上がる姿を表わしている。

ペトロパヴロフスキー大聖堂の荘厳な祭壇助けあうウサギたちの像

 水の都サンクトペテルブルクは、過去に何度か大洪水に見舞われている。5匹のウサギの彫刻は、そんな洪水のさいに、実際に目撃された姿を題材にしているという。
 おとぎ話のような光景は、街が耐え抜いた試煉の象徴なのであった。

 決して広くはないが、ウサギ島には街の歴史が濃密に詰まっている。

■菅谷淳夫 プロフィール
美術ライター。アート関連のほかにも、旅、鉄道、評伝など幅広い分野の記事を執筆。
『小学館版 学習まんが人物館 レオナルド・ダ・ヴィンチ』のシナリオを担当。

Vol.1コラム一覧Vol.3

開催まで 時間

PAGE TOP