PROLOGUE プロローグ

18世紀後半にロシア帝国を統治し、その拡大と強化に貢献した女帝として知られるエカテリーナ2世は、エルミタージュ美術館を世界有数の大美術館に育て上げた人物でもあります。展覧会の冒頭を飾る絵画は、そのエカテリーナ2世の戴冠式の姿を描いた肖像画です。